輸入車鈑金塗装

高い技術と最新の設備で、輸入車鈑金塗装も多くの実績がございます。

ボディーショップマツサカでは、国産車はもちろんですが、輸入車の修理もたくさんの実績がございます。
国産車と、輸入車では鉄板の材質から塗料まで異なります。
その技術やノウハウは、実績のある工場でしか再現できません。

「輸入車の修理は難しいのか」

基本的な部分は国産車も輸入車も変わりません。
しかし、国産車では珍しいアルミボディー、ハイクォリティーの塗料が使われており、非常に難易度は高いです。

「アルミパネルの鈑金」

アルミパネル=交換 を選択する修理工場も多いと思います。
現在、ヨーロッパではアルミ製の車両を直す事ができる設備や技術が有るか無いかが、選ばれる修理工場の違いとも言われています。
ボディーショップマツサカでは、新工法、新技術の導入により修理が可能です。

「ハイクォリティ塗装」

技術者の塗料を吹き付けるスプレー技術により「色」「肌(塗膜の波)」「光沢」を再現します。
同じパネルに何度も塗装すると塗膜の厚みの違いから明らかに修復歴が分かってしまうので、一度で成功させなければならない厳密な作業でもあるのですが、その仕上がりの善し悪しは見た目だけで簡単に評価されてしまいます。
輸入車や高級車の塗装面は、鏡面や艶の深みのレベルは国産と比べ物になりません。
調色では主に『正面から見た色』・『透かし(斜めから見た色)』・『フレーク(パール色やメタリック色のキラキラ素材)の立ち』の全てを合わせます。

「熟練した技術と最新設備で わたし達がお応えします。」

「安い、早い」というような安易なフレーズで修理工場を選ぶと、愛車を売却するときまで後悔することになるかもわかりません。
ボディーショップマツサカでは、正規輸入車ディーラーと同じ仕上がりをご提供でき、ハイクォリティな仕上がりをお約束いたします。
欧州車は当然の、イタリア車やビンテージカーなどの希少車まで、多くの輸入車の鈑金修理の実績が多くございます。

ボディーショップマツサカでは、確かな技術力を持つメカニックが最新の設備、最新の技術、そして豊富な経験によってより完璧に仕上げます。

※施工事例は最下段にございます。

 

アクセスマップはこちら